プロフィール

ゆう

Author:ゆう
2000年に結婚。
まぁさん・カール(mix♂)の、2人と1匹の家族。
趣味は、ビーズアクセサリー作りと手芸。
あと、ピアノをほんのちょっぴり。
平穏な結婚生活を送る中、2006年1月12日に突然の出来事が・・・。


最近の記事


最近のコメント


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去ログ


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
画像
今回の調理は”オイスター風焼きそば”にしました。
買い物リストを作って2日前に近くのスーパーに買いに行きました。
調理はすぐできそうだったのでお昼30分前にお箸をテーブルに並べてから作り始めてました。
最初にオイスターソースにしょうゆと塩こしょうを合わせてから、牛肉を暖めてる間に長ネギと青梗菜を切りました。
嫌いな長ネギは薄く斜め切りにして青梗菜は葉と軸を分けて切った後、軸は縦に3枚にして、葉は大きいもの半分に切りました。
その間に、フライパンに嫌いな長ネギを先にいれて次に青梗菜の茎と牛肉を入れました。
最後に青梗菜の葉を入れたら麺を入れて合わせたソースを入れて全体がソースと絡んだら出来上がりです。
今回は今までみたいなミスはなかったです。
   まぁ




11月23日の料理
今回の調理は”オムライス”にしました。
まず、最初に内容を理解しておかないと失敗につながるので事前に本を読んでいました。
昨日のテレビを見ていたら卵に生クリームを入れたら味がまろやかになると聞いていたので試したら味がまろやかになったけど、
僕はこれでいい感じでしたが、うちの奥さんは生クリームが入れすぎだと指摘されました。
でも卵は、ふんわりしていてご飯はチキンとケチャップとのバランスが絶妙だったので今回の調理は僕のなかでは上のランクに入りました。
後は好みですのでしかたないと思いました。
今回の調理は”きじ焼き丼”にしました。
きじ焼きと言っても焼くのは鶏肉や、まぐろや鰹を醤油とみりんのたれにつけ込んだら肉は何でもいいので今回は鶏肉にしました。
まず、最初にご飯が無かったのでご飯たきから始めました。
それと平行して鶏肉を一口だいに食べやすい大きさに切りました。
ご飯を弱火にしてから鶏肉をグリルで焼きました。
鶏肉を焼いているときに半分をあわせたたれ(みりんとしょうゆと砂糖)をかけました。
(たれの香りでお腹が空きました)
残りのたれをご飯と鶏肉の上にかけました。
苦労したてんはご飯が炊きあがると同時に鶏肉も焼き上がらなければいけない所です。
僕は丼ものがとても好きですが今回のはベスト3に入ります。
  まぁ

阿蘇旅行②

二日目の朝、いつもの時間に(6時半頃)目覚めましたが、頭は痛いし胸はムカムカ。完全に二日酔いです。(T_T)
朝食のバイキングを楽しみにしていましたが、断念しました。まぁさんは弟と一緒にホテルのレストランに行きました。こんな時みんなが一緒で助かります。
そうそう、お酒はのんでいなかったけど2次会に最後まで参加していた祖母。翌朝も元気でした。来年米寿を迎えるのに、とっても元気な祖母です。見習わなくては。
私は部屋でフルーツを食べ、ベッドでごろごろ。こんな体調で佐賀に帰れるのだろうか心配していたのですが、その後温泉に入ったら復活しましたやっぱり温泉はいいですね。
この日はとってもお天気がよく一面に霧がかかって、とても幻想的な風景だったようです(私が復活した頃は霧は晴れていました。残念
ホテルの部屋から撮影した阿蘇の写真です。
画像 026
う~ん。この写真もいまいちです。なので、父が以前撮った写真を送ってもらいました。
PA250099.jpg

阿蘇五岳です。
阿蘇五岳はカルデラが形成された後に、新たな噴火活動で出来たそうです。一番左の頂上部がギザギザの山が根子岳です。目立つ山なので、阿蘇に行ったとき目印にしています。
体調もよくなったたので、気持ちよく出発できました。
昼食は阿蘇高森で地鶏の炭火焼きです。
画像 037
にんにく醤油につけた地鶏を網の上に置くと食欲をそそる香りが・・・。車でなければビールがほしかったです
定食を頼んだので粟ご飯、みそ汁、漬物、卵がついていました。ボリューム満点で、女性だけだったら食べきれない量かもしれません。
食事が終わり、ここで解散です。両親は甥っ子との別れが寂しそうでした。
私たちは両親と一緒に日田に行き、そこで別れ佐賀へ・・・カールを迎えに行きました。
私たちの顔を見ると、尻尾をぶんぶん振って喜んでくれました。
ただ訓練士さんのお話では・・・ちょっぴり、いえかなり甘えん坊になってきているとのこと。(年をとって甘えを押さえられないのと、知らず知らず私たちが甘やかしているのではと)余裕ができたら日曜訓練に参加してみようかと思っています。
今回はとても楽しい温泉旅行でした。
招待してくれた両親に感謝です。


今回の調理は、基本に返って”オイスター風味の焼きそば”にしました。
シンプルなものほど難しいものは無いと今回初めて知り今までの調理がいかに調味料で誤魔化してたか自分が恥ずかしくなってしまいました。
まず、合わせ調味料から作っておかないと料理し始めたら焼きそばはすぐ麺が伸びてしまうので最初に作っておきました。
調味料を作ったら、野菜と牛の細切れを切りボールに入れておき、まず、牛の細切れを入れ、野菜の青梗菜の軸をいれ青梗菜の葉を入れ合わせておいた調味料をいれ麺がほぐれてきたら出来上がりです。
苦労した点は火を入れたらすぐ出来上がるので入れる順番に並べた点です。
仕上がりは今まで中で5本の指には入ります。
  まぁ

««前のページ  | ホーム |  前のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。